糸が織りなす“美”の魔法。

レースには不思議な魅力があります。
身につけると背筋がしゃんとしたり、お部屋に飾ると気分が明るくなったり、見ているだけで嬉しくなったり・・・

それは、まるで魔法のよう。

レースは、人を美しくする。
見た目を華やかにするだけでなく、心も豊かにしてくれる。

糸と糸を織って作り上げるレースは、ひとつとして同じものはありません。
人の手によって織り込まれた糸がレースとなり、そしてまた人の手へと渡っていきます。
レースの数だけ、作る人と、使う人のストーリーがあるのです。

華やかで上品だけど、さりげなく寄り添ってくれる。ちょっとトクベツな存在。
レースの虜になってしまった私たちは、時代を超えて、みなさんをレースの世界へと誘います。

3つのこだわり

Commitments

  • レースの歴史

    レースの誕生には諸説あり、糸と糸でのみで構成された、透かし模様のレースができたのは16世紀とされています。 当時、レースは1本1本人の手によって織られていました。気の遠くなるような時間をかけ、今では真似のできないような精巧さから、 糸の宝石と称され、王侯貴族たちの富と権力の象徴でした。

    その後、レースの生産も産業革命により機械化、分業化が行われ生産量が徐々に増え、広く人々に手に渡るようになります。日本では明治初期、文明開化による洋装の一般化から、レースが認知されはじめ、高度成長期ごろから多くの人々の生活に取り入れられてきました。

  • 近沢レース店のあゆみ

    レースを知り尽くした私たちは、いつでも、どこでも、どのようにでも、お客さまがレースを楽しんでいただけるような商品作りに努めています。

    インテリア、ハンカチ、洋服など、アイテムごとに適したレースは異なります。綺麗に見せるレース、手軽に使えるレース、丈夫で使い勝手のいいレース・・・さまざまなレースを素材と組み合わせることで、レースの持つ可能性を引き出します。

  • お客様への想い

    近沢レース店へお越しいただくお客さまの想いは、十人十色。 だからこそ、お客さまがどのような想いで当店へお越しいただいたのか、その気持ちに寄り添ったおもてなしをいたします。 なぜ当店にお越しいただいたのか、私たちの商品をどうお使いただくのか。商品を購入しお使いいただく楽しさや 幸せだけでなく、当店で過ごす時間もお楽しみただけるよう、お手伝いいたします。

    また、ギフトとしてご購入いただく機会が多く、これまでもたくさんのお客さまに贈り物として選ばれてきました。 贈る方のお気持ちを受け取る方へレースで繋げたい。そんな想いから、当店ではお包みにも工夫を凝らしています。 レースの美しさを引き立たせる、たたみ方で詰め合わせられた商品は、まるでフラワーアレジメントのよう。 包みを開けた瞬間も、お楽しみいただけます。