貴婦人の三種の神器「日傘」。近沢レース店の日傘の魅力に迫る!

皆さん、こんにちは。近沢レース店・営業責任者の近澤 柳です。
今年は観測史上初の6月での梅雨明けとなり、すでに真夏のような日々が続いていますね。くれぐれも熱中症には気をつけてお過ごしください。

さて、日差しが強く、暑い夏に欠かせないアイテムといえば・・・「日傘」ですよね。近沢レース店でも、レースを用いたあらゆる日傘を取り扱っています。
実は、日傘とレースには意外な繋がりがあることをご存知でしょうか?

今回は、日傘の歴史と、近沢レース店のこだわりの日傘をご紹介していきます。日傘の新調をお考えの方はぜひご覧ください!

18世紀ヨーロッパでは、日傘=ステータスシンボルだった?

「散歩・日傘を差す女」クロード・モネ(1875年)

18世紀のヴェルサイユ宮殿、王侯貴族たちは、男女こぞっておしゃれを楽しみました。当時、女性の三種の神器といわれていたのが、レースのハンカチ、レースの扇子、そして、日傘(パラソル)です。

美白は高貴であることの現れとされていたため、糸の宝石と称されるレースをあしらったハンカチや扇子同様、日傘も貴婦人達のステータスアイテムだったわけです。そして、当初の目的であった「日除け」から、より趣向を凝らし、よりおしゃれなものに変容していきます。

日傘をさしているたたずまいが美しく見えるように、サイズも小さくなり、当時は直径で40〜50cmくらいの大きさだったそうです。日除け用には、大きなパラソルが別に用意されていたともいわれております。まさに、おしゃれアイテムですね。

また、当時の日傘には、意外な使い方がされていたといわれています。それは、意中の男性に秘密のサインを出していたのです。
開閉や、持っている手、角度などで、気持ちを伝えたり、待ち合わせ場所などを知らせていたのでしょうか?今のようにメールや、SNSがありませんからね。皆さんも、当店の日傘で、秘密のサインを出してみてはいかがでしょうか?

19世紀に入ると、日傘にもレースがあしらわれるようになります。美の掛け算のはじまりです。

近沢レース店の日傘

近沢レース店の日傘

200年以上、女性を魅了したレースの日傘。創業明治34年の当店では、およそ30年近くレースの日傘を扱って参りましたが、レース屋の仕事としてふさわしい日傘を日々研究し、皆様へお届けしております。
今回は、現在お取り扱いのある日傘のラインナップと、特徴をご紹介いたしますね。

正統派「純パラソル」

正統派「純パラソル」

当店の夏の定番ともいわれているアイテムが、この純パラソルと呼ばれている、日傘です。
生地はリトアニアのリナス社のリネンを使用し、レースに合わせて綺麗な色に染色した鮮やかな色合いのパラソル。

レースはわたしたちのオリジナルデザインで、フランス刺繍の流れを汲むベトナムで織りあげました。リトアニアからのリネン、ベトナムからのレースは、京都で熟練職人たちが日傘に仕上げます。
世界各国から、厳選した素材をあつめ、最適な生産地で製品化する。これが私どものものづくりの精神です。

正統派「純パラソル」
正統派「純パラソル」

麻は日傘の素材にベストチョイス?

麻を生地に採用しているのには、理由があります。麻本来の特性です。
数ある特性の中で、紫外線遮蔽率、通気性、遮熱性が高いことがポイントです。

わたしたちが選んでいる日傘用のリトアニアリネンは、80%前半から90%中盤くらいまでの紫外線遮蔽率があります(色によってばらつきがあります)。あえて生地には、遮光や遮熱加工などの特殊加工を施しません。麻本来の通気性を感じていただきたいからです。
レースと麻生地の透け感、見た目にも涼し気で、夏の炎天下でも風が抜け、木陰にいるような感覚を味わっていただけます。

正統派「純パラソル」
正統派「純パラソル」
正統派「純パラソル」

シーズンごとに毎回趣向をこらしたレースがそそります!

当店の日傘は、毎年趣向をこらしたレースデザインが登場いたします。
今シーズンは大人気のミモザとフォンターナ。ミモザを忠実に再現したカラフルな色合いが、夏の暑い季節でも元気をもらえますよね!

フォンターナはクラシックなレースデザインで、レースに合わせて生地をカットしているところが、職人の技が光るところ。
実はレースでできた影がとっても綺麗です!ぜひ足元のレースの陰影をお楽しみください!