繊細な美しさが印象的なアクセサリーの数々。日常に「特別」を装う喜びを。ワイヤークロッシェ作家 タカハシナオミさまへインタビュー

ワイヤークロッシェ作家 タカハシナオミさまへインタビュー

近沢レース店オンラインショップでは、ワイヤークロッシェ作家であるタカハシナオミさまの作品を取り扱っています。
ワイヤークロッシェは、ワイヤーを用いて編み込まれる技法のひとつ。手作業で一つひとつ丁寧に編み込まれた美しいアクセサリーの数々は、まるでレースのような繊細さ、華やかさを感じられます。

今回、タカハシさまの作品の魅力を多くの皆さまに知っていただきたく、ご本人へインタビューさせていただきました。
ワイヤークロッシェとの出会いや、作品へのこだわりや想いなどお聞きしました。

当店で取り扱っている作品についてもお話しいただきましたので、ぜひご覧ください。

——本日はありがとうございます。まずは、ワイヤークロッシェについて教えてください。

ワイヤークロッシェとは、シルバーなどの金属をかぎ針で編んでいく技法になります。ワイヤーは、なまし加工が施されたものを用いており、手作業でひとつずつ編んでいます。
完全にオリジナルで制作しているので、基本的にはひとりで制作しています。モチーフにもよりますが、小さいもので数十分くらい、大きいものだと1時間以上はかかりますね。

私がワイヤークロッシェに初めて出会ったのは、ロンドンでの留学時代でした。機械がない時代から存在していたようで、当時はチェーンを編む技法として使われていたようです。

最近になってモチーフとして編まれたり、インテリアとして用いている作家さんも見かけるようになりました。日本ではビーズと組み合わせている作家さんもいらっしゃいます。見た目が違っていても、基本的な技法は同じであることが多いようですね。

——ワイヤークロッシェはロンドン留学時代に出逢われたとのことですが、今のスタイルになるまでどのような試行錯誤を繰り返されたのでしょうか?

初めてワイヤークロッシェを見た時、繊細で素敵だなと思い、早速チャレンジしました。ですが、金属の扱いが想像以上に難しくて。
なかなか思うような形にならず、その時は諦めてしまいました。シルバーも高いですし、学生にとっては挑戦しづらかったというのもありましたね。

再度注目したのは帰国後でした。日本ではビーズやアクセサリー制作が流行っていて、それらを制作する中で土台としてワイヤークロッシェを用いることがあったのですが、アクセサリーのモチーフとして編んでみたら面白いのではないかと思い、再び制作に取りかかるようになりました。
ワイヤークロッシェを本格的に制作するようになって10年以上経ちます。

——ご自身の作品へのこだわりや想いを教えてください。

ワイヤークロッシェ作家 タカハシナオミさまへインタビュー