私と近沢レース店 番外編「私たちのレースで、夢を感じたり、心にゆとりを感じていただけるお手伝いをしたい」——代表取締役社長 近澤 弘明氏 ロングインタビュー

代表取締役社長 近澤 弘明氏

明治34年(1901年)に開業した近沢レース店は、2021年に120周年を迎えました。120年という大きな節目を迎えることができたのも、ひとえに当社をご愛顧くださった皆さまのおかげでございます。
120周年を迎えた2021年は、皆さまへ感謝の気持ちを込めて、120周年記念ハンカチの販売や記念企画などを行いました。

今回は、120周年記念企画として行った、代表取締社長・近澤 弘明氏へのロングインタビューを公開いたします。

——創業120周年を迎えられた、今のお気持ちをお聞かせください。

29歳の時に社長を継いでから43年目ですが、よく続いたなという気持ちです。商売は同じことを続けていても長く続けられるということでもないのです。コロナなどの時代の変化によくついてこられたなという気持ちです。

——社長が3代目の社長になられたのは42年前、20代の頃だったとお聞きしました。
当時の近沢レース店はどのような様子だったのでしょうか。

私が社長に就任する10年ほど前(1969年/昭和40年頃)、先代である父が横浜元町商店街の理事長をやっていた頃のことなのですが、商店街のPRとして全国の百貨店で「チャーミングセール」という催しを行っている時期がありました。
そこで、当店の売れ行きに注目してくださった百貨店に出店のお声がけいただいて、続々出店するという運びになりました。

当時はいわゆる高度経済成長の時代で、お客様の購買意欲もとても強い時期でした。
私が社長に就任した1979年は、ほとんどが香港経由の中国で作られたハンドメイドレースを販売していました。「レース」というと、自分の手で作っていたお客様も多く、近沢レース店の商品をご覧になって「こんなに手間がかかっているのに、安すぎる」というお叱りの言葉を受けることもありました。
だんだん「自分で作るより、手がかかっている」、「進物にも良い」ということで人気が出始めたような、そんな時代でした。

——社長になる以前の、店長時代のことを教えてください。

昭和49年(1974年)には渋谷PARCOができまして、入り口近くの1階に出店場所をいただきました。
私が初代店長を務めたのですが、そのおかげで東京のお客様にも近沢レース店をご存知いただけるようになりました。

当時のパルコの社長(前・増田 通二会長)は、私に「PARCOのイメージは『横浜元町商店街』だ」とおっしゃいました。横浜元町の並びや売っているものを、ビルに並べたらどうなるんだろう?という発想からできたのがPARCOだよ、と。

——渋谷PARCO店の初代店長になって、いかがでしたか?

当時はてんてこまいでした(笑)
その頃のお店は今と違い「お客様のご要望に沿う商品をいかに取り揃えておくか」が重要な時代でした。在庫を切らさないで、何がいつ入荷するか。そんなことを精一杯やっていた時代でしたね。

——当時の商品は今の近沢レース店の商品と違うのでしょうか。

はい。1978年頃の近沢レース店の商品の特徴は、テーブルクロスなどのインテリア中心で「ハンドメイドであること」、「天然素材であること」です。

もともと祖母(初代・近澤つる)が始めた店は「リネンストアー」という形態の店で、山手の外国人居留区に住んでいらっしゃるお客様向けに、オーダーメイドで生活の身の回りの麻製品を作って納めていました。
「ハウスリネン」といわれる、テーブルクロスやシーツ、ハンカチなどが主流でした。
外国人のお客様のご要望に応じ、家紋の刺繍やレースの装飾を施したことが好評になり、次第にレース専門店になっていくわけです。
レース自体は輸入ものもあったようですが、静岡や新潟の国内で作られたレースも扱っていました。

戦後になって、オーダーメイド市場から既製品市場に代わってきますので、より品質の良いレースや刺繍を探し求め、香港経由で中国レースに出会うわけです。

一口にレースといっても、さまざまな技法があり、それぞれ産地が違います。
私の代になってからは、直接中国に入って、日本人があまり足を踏み入れない地域を開拓していきました。
1年中、中国で冒険していました(笑)

代表取締役社長 近澤 弘明氏

——それからは、レースをずっと主力商品としているのは変わらないのですね。

はい。1979年頃は「ギフト」が重要視されていた時代で、百貨店が栄えたひとつの理由として「ギフト商品」を売っていたことが大きいんですね。

近沢レース店も含まれる「インテリア商品」は、そのギフトマーケットに対応していて、シーツやタオルなど、ギフトに使える商品がインテリアフロアにずらっと並んでいました。その中で、レースのアイテムはギフト価格帯3~5千円で「贈られた側が価格よりも素敵だと思ってもらえる」お品物として、とても適していたのだと思います。

とはいえ、同じデザインを10年間売り続けるわけにいかないので、レースの種類やデザインを変えたりしながら、より新鮮な気持ちでお買い物していただけるにはどうしたら良いかを常に考えていました。

——社長に就任されてから2021年までの間に、
 時代とともに変わったと思われるものはなんですか?

「家事にかける時間が大幅に減った」こと。これが一番大きいことじゃないでしょうか。先ほども申し上げたように、私が社長になった1978年頃は、レースを含む家の中の装飾品は手作りする時代だったわけで、それは当時の主婦にとっては普通のことだったのです。
それを、私達が取り上げた形になるのですけれど(笑)。

——逆に、時代が変わっても、「変わらないこと」はなんだと思われますか。

難しい質問ですね・・・(笑)
時が過ぎることは常に変化することだと思っているのですが。

あえて言うならば「お客様の気持ちを豊かにすることを目指す」、近沢レース店があるかぎり変わらないことです。

お客様に満足いただけない限りは、商売が成り立ちませんので「私たちが作った商品がお客様に届いて、喜んでいただけているかどうか」。それが変わらない、大事なことだと思っています。

モノ(商品)自体ももちろん大事なのですが、モノに課せられたもっと大事なこととは、「気持ち」の間を取り持つためのツールであるということです。

「近沢レース店」と「お客様」の気持ち。あるいはその先の「お客様」から「お客様が贈られた方」にモノが渡った時の気持ち・・・
その気持ちが通じることが満足であり、微笑みを生むような雰囲気を作っていければ、それは店として長続きすると思います。そして店が長くあり続けるために何を変え、何を変えないでいくかを選びとることが、大事なことだと思っています。

——時代の変化を受けて、近沢レース店が「変わった」と感じた、
印象的なエピソードはありますか。

まだ私が子どもの頃の話ですけれども、近沢レース店は夏に「麻の開襟ブラウス」がよく売れていたんです。その頃はエア