毎月のお楽しみのシーズンタオルハンカチ。毎月どんな出会いがあるかワクワクですね! 今月は、「オクラ」と「雨のち晴れ」。それぞれのこだわりポイントや誕生秘話を、担当デザイナーにインタビューしました!

オクラ

オクラ

「ある日の夕飯」がヒントに。

「オクラ」というテーマは、実は、「ある日の夕飯」がヒントになっています。 とある日、スーパーのお弁当コーナーに行ったら納豆、オクラ、山芋、半熟卵がのった「ネバネバ丼」がありました。 今日の気分はこれ!と買って帰り、食べようとしたら、小口切りにされたオクラの「星型」の断面に目がとまり、かわいいなと。その形になんだか癒されたのです。

この形をレースにしたらかわいいかも、面白いものができるかも、とデザインを考えはじめました。

オクラ

オクラの細かい部分までレースで表現。

立体であるオクラをどうレースに落とし込むかは悩みました。結果的に、「奥行き感」のあるデザインができ、とても気に入っています。

「緑オクラ」と「白オクラ」がバイカラーになっているところもポイントです。種のツブツブ感も色を変えるなどして表現してみました。

オクラ

「NEBA」の文字も探してみて。

オクラの「ネバネバ」は栄養もあって、最大の特徴でもあります。

ネバネバを強調するために「NEBA」の文字もデザインに加えました。くすっと笑ってもらえたら、嬉しいです。

雨のち晴れ

雨のち晴れ

雨の日も楽しめるように。

以前、カナダのバンクーバーに住んでいた時の出来事がきっかけになっています。 冬のバンクーバーは「レインクーバー(Raincouver=Rain + Vancouver)」と呼ばれるほど、雨の日が多いのです。私が「雨ばかりで嫌になっちゃうな」とお友達に言ったら、「It will be clear skies. Enjoy the wet !(=そのうち晴れるよ。雨を楽しんで!)」と、ニコッと笑ってくれました。

雨の日は髪の毛がうねるし、足元はびちょびちょだしとネガティブなイメージばかり。それまで雨を楽しむなんて、私の発想にはありませんでした。

その日から「そっか、お気に入りの傘をさしたり、長靴を履いたり、好きなアイテムを持って、あえて雨の日を楽しめば良いんだ!」と思うようになったのです。 雨の日は、この言葉をくれた友達に感謝しています。

雨のち晴れ

「時間の流れ」をレースから感じてほしい。

レースのデザインは、「時間の流れ」を表現してみたいと思いました。雨が弱まって、雲から太陽が顔を出して、虹がかかる・・・そんなストーリーが感じられるように工夫しました。

傘の「ツブツブ」と太陽の「ツブツブ」は、シンクロしています。タオル地のブルーは晴れ渡る爽やかな青空を、淡いオレンジは雨がやんだ昼下がりをイメージしています。

「雨のち晴れ」の漢字はすごく繊細ですが、レース表現ができたことに、自分でもびっくりです!

雨のち晴れ

雨の日を楽しむお供に。

以前の私のように、「雨か〜、嫌だな。」って思う方、結構いるのではないでしょうか?

このハンカチが、「雨だ〜!そうだ、今日はこのハンカチを持って行こう!」と、雨の日が楽しくなるような、自分だけの特別アイテムになってくれたら嬉しいです。

商品情報

  • 商品名:シーズンタオルハンカチ「オクラ」、「雨のち晴れ」
  • 価格:各1,320円(税込)
  • オクラ
  • オクラ

シーズンタオルハンカチ / オクラ

レースをよくみてみると、「OKRA」「NEBA‐NEBA」の文字が!オクラを輪切りにした断面も可愛らしく、種のツブツブも一緒に表現しました。

  • 雨のち晴れ
  • 雨のち晴れ

シーズンタオルハンカチ / 雨のち晴れ

傘、太陽、虹、“雨のち晴れ”の文字を織り込み、とってもかわいいレースに仕上がりました。 雨の多い季節で、モヤモヤした気持ちが晴れやかになりますように。