あけましておめでとうございます。今年も新しい一年がスタートいたしました。今月のシーズンタオルハンカチは、ひと足先に春の便りを届けてくれる「桜便り」と、甘くて芳醇な香りの「バニラ」。今年もみなさまに喜んで手に取っていただけるようなデザインに仕上がりました。手に取るとふと笑顔になるような、夢とゆとりあふれるハンカチをお届けいたします。

桜便り

桜便り

あたたかい春の象徴、桜。

まだ寒さ感じるころ。桜の開花を待ちわびて木々のつぼみを見上げる様は、古来からの日本人の姿でもあります。

あたたかい春の象徴でもある桜。綺麗な桜が咲き始めたと思ったら、あっという間に散ってしまう。そんな儚さも、私たちの心をくすぐるものがあります。

近所に桜の下を散策できる約20キロほど続く桜並木があり、風が吹いて花びらが舞う瞬間は、思わず「わぁ!」と声がでてしまうくらいの絶景です。そんな美景をみなさまにもお届けしたくて、こちらのレースをデザインしました。

桜便り

手元に、春の訪れを。

手元に春が舞い降りてきたような桜のレース。やわらかなチュールに淡いさくら色のピンクとホワイト糸で織りなすレースは、清楚で可憐。

花芯のさりげない金糸がエレガントさを醸しだします。桜の花言葉は「優美」「精神美」。

「桜便りシリーズ」は、華やかな小物もお楽しみいただけます。まだ肌寒い季節の中で、ひと足先に春の便りをお届けいたします。

バニラ

バニラ

アイスが食べたい!の気持ちをこめて。

昨年の夏は、夕食後にアイスを食べるのが習慣になっていました。中でもバニラアイスが大好きで、冷凍庫に常備していました。

「今年の夏こそ、デザートを我慢するぞ!」と気合をいれていましたが、食べたい気持ちが無くなるわけもなく…むしろこの気持ちをレースにぶつけよう!と思い、デザインを考え始めました。

デザインをしている際、以前タヒチ旅行でバニラ農園に立ち寄ったのを思い出しました。バニラができるまでの工程は、バニラの鞘(さや)の収穫後、バニラビーズとして成熟するまでに約8か月かかると聞いて、驚きました。